それでも明日は来る
今日は寒い。
春はすぐそこ、と思っていたけど、この厳しい寒さを乗り越えた先に春は来るのでしょう。

明日は3月11日悲しみ、不安、孤独、無力感、混沌・・・いろんな思いが交差する中、生きている意味を自問自答し、何ができるのか考え続けてきた方々もたくさんいると思います。

私自身、昨年は3月末に予定していたライブを初めて中止し、歌える環境になるのだろうかと思ったけれど、気がつけば何事もなかったかのように「いつもどおり」になっていた。

目覚めのコーヒーが飲めること。
音楽が聴けること。
テツオと遊ぶこと。
友人と会えること。
家族と話せること。
歌えること。 etc・・・
  
「いつもどおり」ができることに感謝するとともに、悲しみとともに懸命に生きている方々がいることを忘れずに、これからもできることをし続けていきたい。

何もなくなったこの地に、花が咲き、人が行き交い、笑い声がする日を願い、一緒に見守りたい。
DSC09953web用.jpg
☆写真/南相馬(撮影:前田祐之氏)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
<<卒業SONG | アンコールありの0305ライブ! >>
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP