ワンフレーズを募集中
みなさん、元気でしたか?!
10月にはいり日が暮れるのが早くなりましたね。
朝晩は涼しく、金木犀が香り、布団の冷たさは心地よく、夕暮れはピンクとブルーがなんともいえない切なさを感じさせる・・・あ~素敵な季節♪

さて、過日ソロライブでお話しましたが、3・11から7ヶ月が経ちました。
政治の側面、他ニュースをみていても復興にはまだまだ時間がかかります。
同じ東北人として、また、歌わせていただいている身として何ができるか考えた結果、これから先ずっと忘れないように、復興を遂げるのを一緒に見守り応援していけるように、曲を作り歌おうと決めました。

そこでみなさんにお願いがあります。
作詞は私1人で考えるものではなく、被災地で頑張っている方々への思いや声援などをみなさんから募集して歌詞を完成させます。『みんなで作る歌』
たくさんの気持ちを言葉で繋ぎ、それに曲をつけ歌わせていただきたいと思います。
ワンフレーズ・言葉どんな形でも構いません。みなさんの思いを私まで送ってください。
webfomeまたは、こちらに書き込んでいただいてもOK!
宜しくお願いいたします(^-^)
Permalink | comments(3) | trackbacks(0) | カテゴリ: discography
体は楽器
『私の体は楽器』
ここ数年、感じていること。

歌を練習する際に自分の体と向き合う。
声帯がどんな状態になっているかイメージするだけで声が出やすくなったり、首が前にでているからうまく声がでなかったり、立ち方ひとつでも様々な声色を知ることができる。
つくづく、体は楽器だと感じます。

先日、XUXU(しゅしゅ)さんというアカペラ・カルテットのライブを友達に誘われて行ってきました。
アカペラのカルテットを聴くのは初めてでしたが、オリジナル・カバー曲共にXUXUさんの個性がギュッとしまった独特の感性の素晴らしさに感動しました。
そして色々な刺激も受けました。
4人それぞれが、いろいろな声色を出し、そのハーモニーが奏でる音は4人分ではなく、8人にも12人もなる。
日頃から1人で歌っているので、初めて聴くハーモニーに、その音は誰がどうしてて・・・と無意識に分析していたのですが途中から訳がわからなくなり、結果、考えることを忘れ聴き惚れていました(笑)
すごいです。

自分はこれからどんな音を奏でられるだろう、奏でたいんだろう・・・そんな想いをめぐらせながら週末はたっぷり作曲に勤しみたいと思います。

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
米澤家
これまで地元青森でのイベント以外はやったことがなかったのですが、先日17日のライブに両親を招待しました。
音楽をここまでしぶとく続けてこれたのもファンをはじめ、友人や家族の支えがあるからです。
19歳で親元を離れたわけですから、両親はきっとさぞかし心配していたことでしょう。
そんなわけで、今の自分を見てもらいたくてライブに誘ったわけですが・・・
ライブ後お客様から、「両親とめっちゃ話したわ~!」、「お母さまと顔がそっくりね~(笑)」、とか「お父さんがライブの最中にカウンターでしみじみ日本酒を飲んでいました。渋い!」とか、両親の話題があちこちから入っています。
私の知らないところでほとんどのお客様と話をしたらしい(^▽^;)
あの2人らしいとニンマリしながら、親子だからきっと私もそんな風な大人(←もう大人ですが)になるんだと覚悟しています(笑)

両親とお話くださったみなさま、この場を借りてお礼申し上げます♪
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
秋の夜長に
相次ぐイベントを終え、次はファンのみなさまが待っているアルバム制作へむけて今後の動きを考えている中、秋の夜長、この時間をどう使うか楽しみながら過ごしている自分がいます。

今日は久々に青森の友人と長話。めったにないことで、電話をかけてきた友人自身が驚いていました(笑)。でも津軽弁であーだこーだ話していると、いろいろな故郷の景色などを想い浮かべて懐かしい気持ちになります。
秋は早朝もまだ暗く、夜も早く日が暮れる。なんとも言えないこの季節ならではの時間です。
明日もできるなら早起きしよう。
そして、この季節を満喫しよう。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
響命~東日本支援・平泉応援チャリティーコンサートご報告
9/23、内幸町ホールにて「響命~今、こころひとつに Vol.4」にて歌わせていただきました。
当日は180名余のお客様で会場はいっぱいでした。

小林節子さん司会の元、倭 瑠七さんの『月舞い』と倭会のみなさんの舞い、山地常司さん朗読にマークアキクサさんのネイティブアメリカンフルート、よしうらけんじさんのパーカッション、太田光宏さんのギター。日吉章吾さんのお箏、森 美紀子さんの歌、添谷まり晄さんのシンギングリン・・・それぞれが持つ響きが「響命」した2時間でした。

ステージ袖では感動して泣いてしまう場面もいくつかあり、とっても素敵な舞台でした。
今回もたくさんの方と出会い、そしていろいろな刺激をいただきました。
ご来場のみなさま、そして関係者みなさま、ありがとうございました!

 
Permalink | comments(1) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP