春の訪れ
上野公園の入口にある桜がほんの少し咲き始めていました。

めまぐるしい日々の中でも春はちゃんと訪れる。
大好きなマグノリアや沈丁花も咲いていて、花でいっぱいの季節がやってくる。
命溢れるこの季節が大好き。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
自分の目で見て感じること
震災後、一時期食品の買い占めがあってスーパーではトイレットペーパーを始め、ペットボトルの水、食パン、牛乳、お豆腐、お菓子、保存食などまったくない状態がありました。
そして、今日。
近所のスーパーにはかわいそうなくらい大量の食パンが山積みにされていました。
破格の値段にも関わらず売れ残って、その代わり水がまったくない。
需要と供給のバランスがまったくもってできていない。崩れている。

買う人達を非難するつもりはありません。私もいち消費者です。
でも、同じ購入する者としてこの現実をしっかり認識し考えなくてはいけない。
今日、水がまたいきなりなくなった理由はニュースの影響が強いでしょう。
報道のされかたにも問題があります。
いろんな単位が溢れ、丁寧語や謙譲語が混ざった会見に一瞬「?」となり、(要は何?)と自問自答する。池上さんクラスで噛み砕いてくれないとわかりずらい。
さらに、大量の情報にも迷ってしまう。
被災していない地域でも、整理ができないことで不安を抱え、計画停電など今までない状況で疲れていると感じます。

これから私達ができることはたくさんあるのです。
まだまだたっくさん出てくるのです。

水がなくなることで、赤ちゃんがいるママさんや施設の方々が困らないよう、まずは必要な方に水が届くようにしなければ。そして赤ちゃんに安心してミルクを飲んでもらいたい。
被災地の復興へは長い年月がかかります。
みんなと一緒にがんばっていきたいから、今一度冷静に物事を考えていきたいです。
それぞれが、それぞれの立場で考えた答えに間違いはないでしょう。
でも、ニュースやネット上の情報だけをすべてにせず行動することも必要です。

目を見開けば身近にリアルな世界がみえてきます。
私達ができることはたくさんあるからこそ、この現実から学び考え、行動することが大切なのではないでしょうか。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
【5/2をもちまして視聴は終了しました】「荊の道」(『魔王転生』より)
歯に衣着せぬ独特の視点でストレートに物事を表現する。反面、人間くさくて本当はすごく優しい、良い人なんだと感じる。私に人との出会いを築いてくれた恩人でもある、その方の名前はR:MIX 座長 町田誠也氏。

その町田氏のR:MIXのHPで下村陽子さん作曲の「荊の道」が期間限定で視聴できます。
この歌は町田氏の舞台『魔王転生』で、清田愛未さん、伊田恵美さん、岸川恭子さん、軟鉄兄弟さん、MARSさん、堀川りょうさん、そして私が歌わせていただきました。

なぜ今、この曲が流れるのか町田氏の思いもそのHPでご覧いただけます。
是非聴いてみてください。

下村陽子さん作曲「荊の道」(『魔王転生』より)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: LIVE
ありがとう
201103222041000.jpg


昨日、またひとつ歳を重ねました。
日本は悲しみと不安でいっぱいですが、その中で生かされていることの意味を考えながら、毎日を大切にしていきたい。

ファンの方や友達、音楽を通じて出会った仲間から温かいメッセージをたくさんいただきました。
みんな、ありがとう!!
希望をもって、これからも一緒に歳を重ねていきましょう。
新しい今日がまた始まります。

P.S
年々、牛歩の歩みではありますが料理の腕があがっております。
これを1人で食べたと思う人、手を挙げて。  

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
知らなかった
節電の影響だけとは思えないほど今日はやけに月が明るいなと感じていました。
ネットニュースで今知りました。19年ぶりに月と地球の距離が最も接近しているらしく、その関係もあるみたい。

本当に明るい。しばらく月を眺めていました。オオカミ女になりそう・・・

さて、明日はギターリストの太田光宏さんが南青山マンダラで急遽ソロライブをします。
太田さんの温かくも情熱的な音色を独り占めできる時間ですよ。
15時~開演とのこと!まだHPには詳細はアップされておりませんが・・・太田氏のHPはこちら

今日は英語の勉強をしていました。と言っても英語の歌詞ですけどね。
言葉を伝えることは簡単じゃない。
どんなにいい歌も伝わらなかったら意味がない。
発音などのテクニカルなところだけではなく、自分なりの解釈と表現をしっかり作っていきたいな。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP