アラサーの週末
200903071548000.jpg

数ヶ月ぶりに鎌倉に行きました。
神社仏閣が好きな私にとっては鎌倉は心地よい場所のひとつです。
また、[鎌倉名物○○]と食べ歩きしたくなる誘惑がいっぱい。これも大好き☆

さて、鎌倉に来たらまずは鶴岡八幡宮にご挨拶。
偶然にも結婚式に遭遇。お天気が良くてよかったですね。
観光客もたっくさん来ていて賑わっていました。
神様にしっかりご挨拶して、お願い事もたくさんして(友人にお祈りが長すぎる!と言われました・笑)、おみくじもひいて、ご満悦。

その後は大好きな明月院に立ち寄り、鎌倉から北鎌倉までゆっくり散策し、途中で甘酒を飲んだりしました。
これぞアラサーの週末の過ごし方です。
P.S
鶴岡八幡宮の境内の桜がすでに咲き始めていました〜

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
晴れ
長く続いた雨が止み、今朝は空がいつもより綺麗に感じる。

雨や曇りがあるから晴れの日はさらに特別に思えちゃう。

今月はライヴ、イベント、音楽配信など・・・みなさんにお届けできNEWSがたくさんあります。
詳細は同HPのLIVE、discographyをチェックしてくださいね☆





Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
青春を辿る
CDリリースから始まった09年。
今年は様々な分野で活動している方にお会いする機会が多く、日々いろいろな刺激を受けています。
たくさんの方とお話をする機会が増えれば増えるほど、自分のルーツが知りたくなって、10代の頃自分がどんな夢を持ち、どんなことで悩み、感情が揺れ動いていたのかを知りたくなりました。
記憶を辿ろうと試みますが、長い年月、常に情報をインプットし若干容量いっぱいになったオミソはそうそう簡単に過去の記憶を思い出させてくれません(―▽―;)
そこで当時聴いていたアーティストの曲を聴き始めました。

私の10代はバンド全盛期で、ジュンスカやユニコーン、BOOWY、プリプリ、レベッカ、ドリカム、リンドバーグ・・・・・など元気いっっっぱいな歌が溢れていたように思います。
さらに徳永英明さんの甘く切ないバラードや、久保田利伸さんの当時の私にとっては驚きのサウンドetc…
あ~~素敵、懐かしい。
っっっと、また浸ってしまう(笑)

どこから攻めようか迷いましたが、「青春の旅」の1枚目は徳永英明さんに決めました。
「最後のいいわけ」という歌がなぜか好きで、何度もうなずきながら鼻歌しながらハモっています。
この曲を聴いていた時は誰に恋していたかな?なんて考えたりもして

いろんな曲が忘れかけていた記憶を場面場面で見せてくれます。
粋夏の青春を辿る旅はまだまだ続きます…



Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
神様のプレゼント
今日は東京に雪が降りましたね。

初雪。
先月のディナーショーでしっかり雪を感じてきたのに、やっぱり東京でみる雪は感覚が違う。
いぶかしげな表情が多い中、ルンルンで傘をさして歩いていたのは私くらいでしょうか。

いつもの景色が、いきなり雪景色に変わる。
神様が少しだけ見せてくれたいつもと違う世界。

寒かったけど、ほんの少し「素」に戻った時間でした。
神様、ありがとう。

Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
『縁』
昨日からニュースで話題になっているある芸能人の復縁&入籍会見。
過去の経緯やいろんなことが報道されていますが、本当のところはお二人にしかわかりません。
お二人の行動や背景などは一旦置いて、私の印象に残ったのが、
「〇〇がちょっと散歩していて、僕は反省しながらその散歩の帰りを待っていた」
このコメントです。

生まれた瞬間から、今までもこれからも、私達はたくさんの人と出会います。
ものすごい偶然の重なり、『縁』。出会った人(人のみならず宇宙中のすべてのもの)は「出会うべくして出会っている」と思います。
その縁をどんな形にしていくかは自分次第。

冒頭のお二人で例えるなら本当に大切な人と気づき、向き合うタイミングが訪れた時に、お互いが出会った『縁』をブチッ!っと切っていたら昨日のような会見コメントにはならなかったでしょう。

日々たくさんの人に出会う分、誰かを傷つけてしまったり、傷ついたり、わかってほしい人に理解してもらえず悩むこともあるかもしれません。少なからず私はあります。でもそんな時私は(今はこの人と合わない)(今のタイミングではない)と思うんです。
合わない期間は自分の反省するべき点があれば反省し、学び、また出会える時まで自分を充実させて、待っていればいい。
どんなきっかけが相手との距離を縮めるか、こればかりはわからないのですから。

せっかく出会えた縁を「続けたい」と強く思ったら、時間がかかってもその糸を紡いでいたい。


今回は少しだけ真面目にお話してしまいました(笑)


Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP