【御礼!】KAI-ON~快音Live Vol.1~
5/9、南青山MANDALAで行われました、粋夏の初企画Live『KAI-ON~快音Live~』は約7か月ぶりのステージにも関わらず、たくさんのお客様に足をお運びいただきました。お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました!!!

企画のコンセプトでもある、「音を楽しむ!」ことを何よりも大事にしたかった今回のライブですが、その思いがお客様に通じた時間であったと感じています。
小畑智恵さんの情熱的な箏の音色、太田光宏さんの生き様がつまったギターの音色、そしてお客様と一緒に歌った「花は咲く」等、様々なコラボレーションを通じて音楽の楽しさをまた一つ感じていただけたら幸いです。
次はどんなゲストをお招きしようかな?
またみなさまと何かを感じあえる時間にしたいと思いますので楽しみにしていてくださいね!
DSC03170.jpeg
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
音の化学反応
昨夜、初セッションをする酒豪3名(笑)が集ってリハーサルが行われました。
スタジオに入るなり、『お箏』が登場。
箏奏者の小畑さんとの関係は会場でたっぷりとお話したいと思いますが、間近で聴く箏の音色は私のオリジナルの曲を不思議な世界へいざないました。
太田さんのギターの弦、箏の弦、私の声、すべてが空間に響いて息があった時には絶妙に気持ちいい。
アーティスト同士が集まることで起こる『音の化学反応』。音楽の醍醐味だと常々思います。
そして、その化学反応は楽器、ボーカル関わらず、音を通じて楽しむ人たちすべてに共通することだとも思います。
9日はお客様の笑いや熱い眼差し、心の動き、そういう一つ一つがすべて音楽となって空間を彩ることでしょう。
今から皆様にお会いできるのがとっても楽しみです!
IMG_1773.jpg
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
【ライブのご案内!】KAI-ON~快音Live Vol.1 
すっかり春らしくなり気持ちのいい季節になりましたね♪
お待たせしました!ライブのご案内です。
ジャンルにこだわらず、粋夏がお薦めしたいアーティストやミュージシャンをお招きし、素晴らしい歌声や楽器の音色を楽しんでいただく、KAI-ON~快音~。
その第一弾として、同郷の先輩&お友達でもあります、箏奏者 小畑智恵さんをお迎えし、おなじみギターリストの太田光宏氏とのセッションやゆるいトーク等々、盛りだくさんの内容でお楽しみいただきたいと思います。
この機会にぜひお越しください!

【ライブ詳細】
開催日:5月9日(金) 
場所:南青山MANDALA
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビル
      TEL:03-5474-0411

時 間:開場/18:30、開演/19:30~
料 金:3,200円(1ドリンク付き)

<出演アーティスト>
・米澤粋夏(Vo)、太田光宏(Gt)
小畑智恵 (箏)

チケットはマンダラ店頭でも発売しております。
また、こちらのHPからもご予約が可能です。
◆LIVEの前売り、ご予約はこちらからどうぞ

米澤粋夏2014.jpeg
Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | カテゴリ: LIVE
気持ちを新たに
22日、また1つ歳を重ねました。たくさんの方からのメッセージありがとうございました!

新しい環境になって初めて迎えた誕生日、この歳は気持ちを新たに、目標をもって限りある時間を大切に、夢を持って進んでいきたいと思います。
このブログとフェイスブックは引き続き更新していきますし、ライブも再開しますので今後の活動を是非お楽しみに!!
5GG_6273テツオ.jpeg
2014年3月22日 愛猫テツオとツーショット♪
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
時薬
東北の震災から3年が経ちました。
改めて、被災された方々とそのご家族・ご親族、ご友人の皆様に心から哀悼の意を表します。

先日、「時薬」という言葉を耳にしました。その言葉の意味になるほどと思った半面、時が経てば経つほど哀しみや辛さが増すこともあるんじゃないかなと考えていました。
物事をどう消化していくか、腑に落ちて納得できるか否か、どうやって希望を見出し生きていくのかetc・・・「時間」だけでは解決できないことが世の中にはたくさんあると感じます。

それでも時は絶えず流れ、社会も、自分を取り巻く環境も待ってはくれません。
ただただ黙ってそのことだけを考えたくてもそれができないでいると、ある瞬間だけ哀しみの淵に立っていない状況が生まれる。その瞬間の繰り返しの中で人は強くなっていくのかもしれません。

まだまだ復興にはほど遠いと云われています。
私もそれに対して何もできていません。今一度、何ができるか考えたいと思います。

春の訪れが被災地に少しでも温かい希望を運んでくれますように。





Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP