『思い出にまだならない』 エピソード①
昨日から配信となった『思い出にまだならない』
すでにたくさんの方にダウンロードしていただき、また温かい応援メールなどもいただき本当にうれしいです。
みなさん、ありがとうございます。
配信に伴い、この歌についてのエピソードをちょっとお話したいと思います。

この曲は私自身が経験した事がおおもとのベースになっていますが、友人やファンの方々を通じ、似たような経験をされたり、それぞれが心に何かしらの痛みをもっていることを知り、作詞・作曲しました。

人を好きになると、これまでにはない喜びや感動が訪れます。さらに、喧嘩をしたり向き合うことでお互いの痛みも知っていきます。
別々に生まれた人間が出逢い、人生のある時間を共有していくなんて奇跡といえることでしょう。
相手に対して思いが真剣であればあるほど別れが訪れた時、言葉にならない苦しさがあると思います。

この曲は失ってからその存在の大きさに気づく心理を表しています。
「時が解決してくれる」場合もあれば、時が経てばたつほどリアルな感覚や相手への想いが募ってしまうこともある。
また、すごく好きだったんだなぁと想いの大きさに気づいたり・・・

この曲を聴いてくださる人それぞれが、心に閉まっていた何かしらの感覚を感じてくれたらなと思います。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
【携帯サイト・音楽配信】『思い出にまだならない』
オリジナル『思い出にまだならない』を音楽配信しています。
PC、携帯ともに下記サイトからダウンロードできますので、是非お聴きください。

【配信サイト】
mora(モーラ)

配信サイトからはアーティスト名「米澤 粋夏」で検索していただくと曲名がでてきます。

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: discography
ヨーグルトづけ
季節の変わり目、みなさんも花粉症などでお悩みでは・・・
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、私はカビアレルギーです。
友人から「粋夏ちゃん、ブルーチーズとか食べてるじゃん!」と言われましたが、はい、チーズなどのカビでアレルギー反応はでません(笑)
でも何カビのアレルギーかはわからないため、時間ができたら検査をしようと思っていますが、
この時期を乗り切ろうと、ヨーグルトを以前にまして食べるようになりました。
うわさで聞きました。善玉菌がお腹を強くしてアレルギーが起こりにくくなると。本当かどうかはまた食べている途中ですのでわかりませんが、しばらくやってみます。
それもただのヨーグルトよりも、記号の書いてあるヨーグルト(〇〇21)とかそんなものがいいらしい。
善玉菌よ、どうか、がんばってください。

今日も朝ヨーグルトから始まった粋夏です。
みなさんもお仕事がんばってくださいね!

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
HAPPY
200903220040000.jpg

今日、またひとつ歳を重ねました。
両親、友人、そして音楽を通じて出会ったすべての人へ、心から「ありがとう。」

改めて自分が想像できなかった環境にいるのかもしれない、と思い高校を卒業する時にクラスメート全員から貰った手紙を数年ぶりに読み返しました。
この手紙は高校3年生の「34HR」43名が自分以外の42名に対してお手紙を書いたものです。
私の手元にも42枚の手紙があります。

内容を読み返しながら、15年前の私の言っていた言葉や周りからどんな風に見られていたか、改めて知ることができました。

以下、面白いことが・・・
①歌手志望ではなく、女優志望でした。(中には、歌もうまいから歌手もありかもよ?ってコメントが・・・苦笑)
②女優で成功したらクラスメート全員をHAWAIIへ連れて行くと約束していた!!
③「いいとも」に絶対でるって宣言していた!

この①~③から、私は迷いなく「女優、芸能人になる!」と確信をもち、みんなに語っていたんですね(笑)

そして周りからの印象は、
①いつも明るく元気!
②やりたいことを積極的に進んで活動(当時、生徒会・軽音愛好会・舞踊愛好会、と好きな活動を掛け持ちしていたんです)
③夢をかなえてほしい。あきらめないで!

この①~③がほとんどの手紙に書いてありました。
①の明るく元気っていうのは、今も言われているので・・・根本的にそんな感じだったのでしょう(笑)
ふり返ってみるといつも何かやっていましたね。
この世に生まれて自分は何ができるんだろうってことをよく考えていた気がします。
だからこそ自分に何ができるか知りたかったし、試してみたかった。
青森脱出計画は中学時代からずっと根底にあったから、私は積極的に何かをやるしかなかったのかもしれません。

正直、手紙を読みながら涙がでちゃった。
こんなに迷いや疑いもなく夢や希望を語っていたんだなと思うと、なんだか言葉にならないです。

あの頃の純粋に思う気持ちを忘れずに、また新たにゾロ目街道を歩いていきたいと思います。











Permalink | comments(3) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
電車にゆられながら思うこと
街中に花が咲き始めました。
私はこの時期が大好きです。
いつもより、穏やかで優しい気持ちになれるような気がするんです。

沈丁花の香りや、マグノリアの凛々しい咲き姿・・・

花や緑がある世界に生まれ、お腹が空いたら何を食べよう?って悩み、好きな歌を口ずさみながら歩く、何気ない日常のようですが、たくさんの命に囲まれて生きているんだなって感じます。

春よ、ありがとう。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP