【12/14】メビウスライブのご案内
思い起こせば昨年末の暮れ、過密スケジュールの中書き下ろしたR:MIXの舞台『虹色の輪舞曲』の挿入歌「道なき道」。
この曲のアレンジャーを探し出会った、中畑さんというミュージシャンがいらっしゃいます。中畑さんのおかげで舞台監督にも絶賛いただく曲が完成しました。
そんなご縁から、今回中畑さんのライブにゲストで数曲歌わせていただくことになりました。
歌ものからインスト(ボーカルなしの楽器だけの演奏)まで、ジャンルを超えたライブをお届けします。
お時間がありましたら是非、お越しください。

◆日付:12月14日(金)
◆場所:新宿メビウス
 東京都新宿区舟町8 舟町ビルB1
 営団地下丸の内線 四ッ谷三丁目駅 徒歩3分
 都営地下鉄新宿線 曙橋駅 徒歩3分
◆電話:03-3341-3732
◆開場19:00  1stステージ/20:00~ 2ndステージ/21:30~
◆アーティスト
中畑丈治(G)、雨宮健司(B)、岡安稔(Drs)
ゲスト/結海(Vo)、米澤粋夏(Vo)、小野健児(トロンボーン)
◆Price: ¥2,300
◆LIVEの前売り、ご予約はこちらからどうぞ
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: LIVE
2012年ラストスパート
12月に突入です。
今年中に終わらせたいことを付箋に書いていたら、膨大な量になりました(汗)
果たして終わるのか・・・と気弱になりそうな自分にムチを打って、ラストスパートがんばります。
今月は大変なこともありますが、楽しいこともたっくさんあるのでいろんな意味で乗り越えられそう(^-^)
ライブ以外にもクリスマスや友人のバースディパーティ、他新しい出会いやお世話になった方々との再会。
う~ん、幸せ♪
その楽しさを歌にすればいいのにって自分でも思うのですが、今書いている曲もなかなか渋いのであります(苦笑)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
この子達から学ぶこと
私のナイト、“米澤テツオ”。ベットメイキングを終えたばかりなのに、ガサガサ背後で音がする。そしてこんな状態(笑)もぅ、何でそんなに可愛いの(>▽<)寒いんだよね~テツオ♪
(親バカです・笑)
tetuo.jpg

この子は縁があって私のところに来てくれましたが、先日自由ヶ丘に行ったら里親会が開かれていて、たくさんのワンちゃんや猫ちゃんと出会いました。
チワワがダントツの数、次いでトイプードル、大型犬。理由は不明だけど以前怪我をした跡が残っている子もいました。
見てるだけて癒されると少し立ち止まる人達もいたけれど、その光景になんだか違和感を感じてしまいました。
スタッフにどこから来た子たちかを聞いたら、保健所もあるけれどブリーダーが置き去りにしたのが多いとか。
これ、どうにかできないのかな。
徳川綱吉のように、とは云わないけれど、命を作るだけ作って後は知らないって・・・

今の私にはテツオを最後まで看取る責任があるので、これ以上は家族に迎い入れることができません。大きな家と財力があったら全部引き取りたい気持ちでいっぱい。

“誰かが悪い”という次元ではなく、この問題はもはや私達人間が社会全体の問題として、命をどう考えていくかなんだと思います。
地球も命も、“誰かのもの”ではないんですから。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
やっぱり好き♪
雨がシトシト。。秋の雨ってとりわけ寒く感じますね。みなさん風邪などひいていませんか?

さて、今日はMA現場に同行でスタジオでのお仕事でした。
毎回くどいようですが!スタジオでの仕事『大好き~(>3<)』(笑)
スタジオの空間、ミキサーさんの細かい作業、その作業に至る遣り取りetc全てが好きです。
スタジオにいるだけで落ち着くし、とても集中できる。
あーーーーーー、我が家にもスタジオが欲しいなぁ(;-;)
だれかスタジオをプレゼントしてください♪(笑)
なんて、いつかスタジオ付きのお家に住めるよう夢を大きくもっていきましょう。

スタジオ帰りなのでテンションが高いです。悪しからず。


Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
レコーディング
先日、レコーディングでした。
自分の曲ではなく作家さんが書いた曲を歌う仕事でした。
最終納品のデータが届いたのでチェックがてら聴いているのですが、今回の曲は経験したことのない分野の歌で本当に難しかった。
自分のオリジナルは表現や歌い方、伝えたいことを自分の思うままに歌えます。
でも、書かれた曲はその曲に込められた意味を読みとり、表現することが必須。難しいのは作家さんのおっしゃっていることがわかっているのに、そのイメージの通りに歌えない自分がいることです。
わかっているのにできない。これが一番悔しいし、自分の未熟さを痛感する場面です。
短時間で込められた意味を噛み砕き少しでもイメージに近づけることが今回のレコーディングの肝でした。
すごく、すごく、刺激的なレコーディングでした。
その場にいたみなさんとあれこれ認識を共有しながら、出来上がった曲。きっと、これからもこの繰り返しなんだと思います(^-^)
ひとつひとつの経験を大切に、生かしたいと思います♪


Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP